「特許先行技術調査」 調査員募集(2016年第3回分) 急募有り


日本雇用創出機構では、特許先行技術調査 調査員候補者の2016年第3期生を募集中です(応募締切8月31日)。

先行技術調査業務の概要

  • 審査請求された特許出願案件に対し、過去の類似文献の有無を専用端末で検索し、結果を特許庁に報告する業務です。
  • 工業所有権情報・研修館(INPIT)で2ヶ月間の研修を受けて合格する必要があります。
  • 合格後、パソナグループ・ナレッジバンクで調査員として勤務していただきます。

調査員急募!

区分 3 「材料分析」 1名 医療診断・放射線診断機器
区分10 「自動制御」 2名 ナビ・交通システム、モータの制御、電路調整
区分22 「金属電気化学」 1名 電池周辺
区分25 「生命工学」 1名 遺伝子工学

その他の区分につきましても随時募集しております。詳しくは調査員募集ページをご覧ください。

日本雇用創出機構「特許先行技術調査関連事業のご案内」ページ
⇒ http://patent.nihon-kikou.co.jp/

株式会社パソナグループ「ナレッジバンクページ」
⇒ http://www.pasonagroup.co.jp/knowledgebank/index.html