「特許先行技術調査」 調査員募集中(2016年第2回分) 急募有り


追記:下記募集は締め切りました。最新情報は調査員募集ページをご覧ください。

日本雇用創出機構では、特許先行技術調査 調査員候補者の2016年第2期生を募集中です(応募締切5月31日)。

先行技術調査業務の概要

  • 審査請求された特許出願案件に対し、過去の類似文献の有無を専用端末で検索し、結果を特許庁に報告する業務です。
  • 工業所有権情報・研修館(INPIT)で2ヶ月間の研修を受けて合格する必要があります。
  • 合格後、パソナグループ・ナレッジバンクで調査員として勤務していただきます。

調査員急募!

区分 3 「材料分析」 1名 放射線診断機器
区分 8 「アミューズメント」 1名 パチンコ
区分 9 「住環境」 1名 ウィング
区分10 「自動制御」 3名 ナビ・交通システム、モータの制御、
電力変換及び制御インバータ装置
区分14 「生産機械」 1名 携帯工具、かみそり、工作機械一般
区分19 「福祉・サービス機器」 1名 チェック装置Ⅰ
区分20 「無機化学」 1名 蒸着・単結晶
区分22 「金属電気化学」 1名 電池周辺
区分25 「生命工学」 1名 食品
区分32 「インターフェイス」 2名 デバイスに係る転送制御、
インターフェースに係る転送制御

その他の区分につきましても随時募集しております。詳しくは調査員募集ページをご覧ください。

日本雇用創出機構「特許先行技術調査関連事業のご案内」ページ
⇒ http://patent.nihon-kikou.co.jp/

株式会社パソナグループ「ナレッジバンクページ」
⇒ http://www.pasonagroup.co.jp/knowledgebank/index.html