人材ブリッジバンクご利用者様の声(その11)


日本雇用創出機構人材ブリッジバンク制度をご利用されて、転身に成功された方の体験談を掲載します。

プロフィール

49歳。男性。活動期間6か月。

活動の概要

  • 福島メインで転職活動を進める予定だったため、最初は、ケミカルエンジニアリングのスキルを福島の除染・廃炉関連業務で貢献できればと考え、一般的な転職サイトの他に某就職情報センターや転職エージェントに登録し活動を開始。
  • その後、福島の除染・廃炉関連業務は建築土木関連の専門性が重視されているので、化学メーカーに就職して間接的に福島復興に貢献するやり方もあると、アドバイスを受け、方向を変更。
  • 更に、福島という場所にもこだわらず日本中の化学メーカー(ケミカルエンジニアリング)にターゲットを広げた。
  • 活動途中で、某省庁の任期付職員募集の情報を得たため、応募論文を作成し応募。面接の後内定通知を受領する。
    これ以外にも内定を受けた企業もあり迷ったが、未経験分野の某省庁にお世話になることにした。

活動のポイント

  • 上記就職情報センターの方と密に連絡を取らなければ今回の転職は違うところに決まっていたはずであり、エージェントの方との密な情報交換が大切であると感じた。
    一方、無料の求人検索サイトには、今回就職することにした案件が検索可能だったことを後で知った。
  • 転職先を迷っていた際、某エージェントを通じて知り合った団体代表の方のアドバイスが効いた。ここでもエージェントの方との密な情報交換が大切であると思う。
  • 中高年の転職は登録型の転職サイトではなかなかうまくいかないと実感。登録後実際に面会してくれるエージェントに自分をアピールし、つながりを持ち、人脈を広げることが非常に大切であると学んだ。
  • 初めから全国の化学メーカもターゲットに含めていれば、もっと多くの情報を得ることが可能だったし、年収などで非常に良い条件が見つかり、結果も変わっていたかもしれないが、最初の目標を満たす転職先が決まったので個人的には後悔はない。
  • 6ヵ月は終わってみれば短い期間であったが、その間に資格や英会話などスキルアップにつながる勉強を一つでもしておけば良かったと思う。

最後に

6ヵ月間日本雇用創出機構に出向となり転職活動をさせて頂くことで特にデメリットは感じなかったので、以下にメリットを列挙する。

  • 目的が同じ仲間と転職活動ができる
    NG連絡があっても、話せる人が身近にいるだけで非常に心の支えになる。
  • 事務機器
    プリント出力、コピーなどが多いので、自宅より活動がしやすい。プリントアウトして書類を確認する私にとって非常に大きなメリットである。
  • 楽しい
    皆さんのおかげで不謹慎かもしれませんが、明るく楽しい半年だった。
    時間があるときには展示会や講演会などにも出席することができまた。
    今後一番ゆとりがあり、楽しい時だったと思い出せるような気がする。

今回の任期は3年だが、延長の可能性もある。
任期後も同様の職種を探すことになるのかもしれないが、福島復興に僅かでも貢献し、
ここでのキャリアがプラスになり、更なる飛躍ができるように頑張りたい。

ご利用者様の声(その10)へ
ご利用者様の声(その12)へ