人材ブリッジバンクご利用者様の声(その6)


日本雇用創出機構人材ブリッジバンク制度をご利用されて、転身に成功された方の体験談を掲載します。

プロフィール

51歳、男性。活動期間4か月。

機構での転職活動までの経緯

  • 会社からは他に大手人材会社の再就職支援を受ける選択肢も与えられたが、日本雇用の場合は出向扱いになるため、毎日出勤する形となるので、集中して活動ができること、及び同じ立場の同僚もいるので何かと情報交換等も可能かとの思いから、同社にお世話になることとした。

転職活動概要

  • 希望早期退職の応募を決めた時点で、履歴・職務経歴をまとめ、一部登録サイトを通して人材紹介会社との面談や案件紹介を受けていた。そのため経歴・能力面での特徴や対象としたい職務もある程度イメージが定まっていた状態で日本雇用での活動が始まった。
  • 日本雇用では、初期の研修等を通して活動プロセスの全体観と同時に方法論をより体系的に理解することができ、今後の活動方針とプロセスを改めて捉え直すことができた。同時に個別の状況に応じて支援して頂けたので、事前の活動の手直しと拡充、及び今後の対応策を同時に進めることができた。
  • 結果的には登録サイトを通して得た人材紹介会社から紹介を受けた案件から転職先を決めることができた。一見、事前に試行錯誤した方法の延長でうまくいったようにも見えるが、実は日本雇用で得た知識は登録サイトを増やしたり登録内容を手直ししたりといった入口の作業にも活用したのは勿論のこと、更に案件の進展を通して状況把握、関連情報の収集、次のプロセスへの準備といった各種のアドバイスを実に的確に頂くことができたことが、最終的に紹介案件の内定に繋がったものと思い、大変感謝している。

転職活動のための“場”として優れた点

  • 日本雇用では再就職支援以外にも様々な取り組みが行われているが、職場の皆様は大変暖かく接して下さった。出かける際もいつも声をかけて頂けるとそれだけで心強くなるものであり有り難かった。
  • また同じく転職活動をしている方々からの経験談や情報交換も大変貴重であったし、週一度の進捗ミーティングでは各自の状況報告に加えて、アドバイザーから関連事例等の情報やアドバイスを頂くことができ、個人で活動するよりも多くの事例に接することができるので大変有意義だった。
  • 更に一般の転職支援の場合と違い、同じ職場に常にアドバイザーと接している状況なので、気軽に相談できるだけでなく、アドバイザーからも普段から声をかけてくれたり、関連しそうな情報を頂けたりするので、転職活動を行うには大変恵まれた環境だと思う。

頂いたアドバイスの特に印象深かった点

  • 人材紹介会社をどう活用したらいいか、と言った視点からの助言、求人の背景の見方、大手或いは中小其々の求人の特徴や条件面の見方等について、より客観的で有意義な助言を得ることができたと思う。
  • 例えば、私もいくつか追っていた大手の求人案件に関して職務範囲がよりピンポイントになる傾向を感じた際、「求人の背景が補充だったら数年後の自分はどんなイメージが持てるか」、或いは「新規ポストだった場合はそれが一時的なのか恒常的なのか、それによってやはり長期的に見て自分に合ったものかどうか」、といった具合に問いかけを頂き、考えを深めることができたのは大変有り難かった。結果的には、ある中堅企業の案件に対し、職務範囲の広がり具合と長期的に見た条件面の可能性をしっかり考慮することができ、十分納得した上で同社を転職先に決めることができた。

まとめ

  • 個人一人の転職経験は通常ごく限られるので、求人の背景と適合性、条件面の確認等を考える上ではやはり経験豊富で第3者的な立場にいるアドバイザーからのサポートは大変有益だと強く感じた。また求人を出す企業も数多くあり案件も多彩なので、情報交換ができる場を持つことは大変貴重であった。

ご利用者様の声(その5)へ
ご利用者様の声(その7)へ