日本雇用創出機構 本社及び東京事業所 移転のお知らせ

東京事業所を以下の通り移転致しました(電話・FAX番号も変わります)。

◆業務開始日
    2017年4月17日(月)

◆住所
    〒100-8228  東京都千代田区大手町2-6-2
    ⇒ アクセスマップ

◆ご連絡先
    本社/東京事業所 TEL:03-6832-7370 FAX:03-6832-7373

「特許先行技術調査」 調査員募集(2017年第2回募集分)

日本雇用創出機構では、特許先行技術調査 調査員候補者の2017年第2期生を募集中です(応募締切5月31日)。

先行技術調査業務の概要

  • 審査請求された特許出願案件に対し、過去の類似文献の有無を専用端末で検索し、結果を特許庁に報告する業務です。
  • 工業所有権情報・研修館(INPIT)で2ヶ月間の研修を受けて合格する必要があります。
  • 合格後、パソナグループ・ナレッジバンクで調査員として勤務していただきます。

区分 8「アミューズメント」分野 未経験者募集について

  • 「アミューズメント」の分野は、パチンコ・スロットマシン、運動・遊具、電子ゲーム、事務用品、教習具、時刻表・ラベル・広告、電子地図等が含まれます。
  • 特に、「パチンコ・スロットマシン」の出願が多いため、当該技術分野だけでなく他技術分野(電機・機械関係等)の開発経験者の方を含め募集しています。
  • なお、当該技術分野の特徴として1件あたりのページ数が非常に多い技術分野ですが、重複した内容も多いため、習熟することにより件数も多く対応が可能となります。
  • アミューズメント分野が未経験でも、下記の公開番号をご参照いただき、内容が理解でき本願の説明が可能と思われる場合は、是非ご応募下さい。
    1.パチンコ事例:特願2003-432357  (特開2005-185627) ⇒ PDF
    2.スロット事例: 特願2007-173898 (特開2009-011426) ⇒ PDF
  • 上記技術分野の知見あるいは興味のある方の応募をお待ちしております。

その他の区分につきましても随時募集しております。詳しくは調査員募集ページをご覧ください。

日本雇用創出機構「特許先行技術調査関連事業のご案内」ページ
⇒ http://patent.nihon-kikou.co.jp/

株式会社パソナグループ「ナレッジバンクページ」
⇒ http://www.pasonagroup.co.jp/knowledgebank/index.html

人材ブリッジバンクご利用者様の声(その25)

日本雇用創出機構人材ブリッジバンク制度をご利用されて、転身に成功された方の体験談を掲載します。

プロフィール

60歳 男性 活動期間6か月 。

日本雇用創出機構への出向までの経緯

元社では定年を迎える約5年前にライフプラン研修を受講し、年金の受給開始年齢とその年間支給額、現在の貯蓄状況、定年後に働く意志を再確認し、定年の約10か月前に最終的に2年間の再雇用延長を決めました。以降の選択肢として進む道はいくつかありました。

  1.  元社内で現職を続けるか、社内の別の仕事に就く
    ただし、営業成績が最上位のごく一部しか会社は認めない。
  2.  元社に籍をおいたまま、出向という形で別の企業様での就労先を探す。
    社内掲示板に求職一覧が出ましたが、件数は少なく、該当する職種も選択の幅が狭いものでした。
  3. 元社は退職し、全く別の企業様での仕事に就く。
  4. 仕事はしない。

まだ、働く意志は強く持っていましたし、このまま引退することは世間から隔絶された立ち位置に自分を置くことになり、まだまだ社会への貢献ができるのでないかと考えました。幸い経済的にはひっ迫した状態ではなく、年金受給までの間も高い収入を必要とする状態ではありませんでした。

あいにく、本人が元社で仕事を継続したいという意思を持っていても、仕事がなければ元社にとどまることはほぼ無理という状況でした。案の定、元社からは現状での雇用は不可能で新たな職務探査を行うよう通告を受けました。私は2か3の可能性を選びました。今まで経験した営業職や学術情報担当の仕事を通して、これからも自分のできる事や経験してきたことが、何らかの形で社会的にお役にたてるのではないかと思ったからです。

もう一つ問題がありました。自分の不摂生で膝の関節に支障をきたし、歩行に困難な状態で定年を迎えることになってしまったことです。営業外勤では車での移動が多かったのですが、都会の長い階段昇降や歩行はつらいものでした。再就職活動にハンデとなることもわかっていましたが、十分な治療回復が得られずに、日本雇用創出機構にお世話になることになってしまいました。これは大いに自己反省しています。

続きを読む

特許先行技術調査員募集:応募時の履歴書の様式が一部変更になっています

現在募集中の特許先行技術調査員応募時に使用する履歴書の様式が変更になっていますので、ご注意ください。

日本雇用創出機構「調査員募集」ページ
⇒ http://patent.nihon-kikou.co.jp/investigator/

「特許先行技術調査」 調査員募集(2017年第1回募集分)

日本雇用創出機構では、特許先行技術調査 調査員候補者の2017年第1期生を募集中です(応募締切2月27日)。

先行技術調査業務の概要

  • 審査請求された特許出願案件に対し、過去の類似文献の有無を専用端末で検索し、結果を特許庁に報告する業務です。
  • 工業所有権情報・研修館(INPIT)で2ヶ月間の研修を受けて合格する必要があります。
  • 合格後、パソナグループ・ナレッジバンクで調査員として勤務していただきます。

調査員急募!

  • 区分 3 「材料分析」   1名 ...医療診断・放射線診断機器
  • 区分10 「自動制御」   2名 ...ナビ・交通システム、モータの制御、電路調整
  • 区分22 「金属電気化学」 1名 ...電池周辺
  • 区分25 「生命工学」   1名 ...遺伝子工学

区分 8「アミューズメント」分野 未経験者募集について

  • 「アミューズメント」の分野は、パチンコ・スロットマシン、運動・遊具、電子ゲーム、事務用品、教習具、時刻表・ラベル・広告、電子地図等が含まれます。
  • 特に、「パチンコ・スロットマシン」の出願が多いため、当該技術分野だけでなく他技術分野(電機・機械関係等)の開発経験者の方を含め募集しています。
  • なお、当該技術分野の特徴として1件あたりのページ数が非常に多い技術分野ですが、重複した内容も多いため、習熟することにより件数も多く対応が可能となります。
  • アミューズメント分野が未経験でも、下記の公開番号をご参照いただき、内容が理解でき本願の説明が可能と思われる場合は、是非ご応募下さい。
    1.パチンコ事例:特願2003-432357  (特開2005-185627) ⇒ PDF
    2.スロット事例: 特願2007-173898 (特開2009-011426) ⇒ PDF
  • 上記技術分野の知見あるいは興味のある方の応募をお待ちしております。

その他の区分につきましても随時募集しております。詳しくは調査員募集ページをご覧ください。

日本雇用創出機構「特許先行技術調査関連事業のご案内」ページ
⇒ http://patent.nihon-kikou.co.jp/

株式会社パソナグループ「ナレッジバンクページ」
⇒ http://www.pasonagroup.co.jp/knowledgebank/index.html